【レビュー】MAJOR2ndは読む価値あり


野球マンガの「MAJOR」って知っていますか?

NHKでも放送されていたので知名度は高いアニメです。

あらすじをざっくりと説明するとこんな感じ。

2軍暮らしが続くプロ野球選手を父に持つ吾郎(5歳) 。母親は病気ですでに亡くなっているため父と2人暮らし。

今は2軍にいてもいつか父親が1軍のマウンドに上がって活躍することを信じている吾郎。

ある日ピッチャーである父親が肩を壊してしまい、引退を決意する。

父親に引退して欲しくないって思った吾郎は球団事務所に行って父親のケガが治るのを待つようにお願いする。

その姿を見た父親はバッターに転向することを決意。

バッター転向のテストに合格し、2軍で結果を残し、1軍で代打として少しずつ結果を残す。

特に息子の吾郎の前でサヨナラホームランを打つシーンは印象的です。

「さあこれから!」って時に父親は事故で亡くなってしまいます。

そんな父親の死を乗り越えて挫折しながらメジャーリーガーになっていくお話です。
吾郎の息子である小学6年生の大吾が主人公。

「MAJOR」の完成度が高過ぎたので個人的には続編いらないでしょって思っていたけど設定がリアル過ぎたので思わず読んじゃいました。

まず主人公の大吾は元メジャーリーガーである茂野吾郎の息子です。

「元メジャーリーガー茂野吾郎の息子」という目で見られてしまいます。

「あの茂野吾郎の息子だから野球がうまいに違いない」

しかし大吾は父親ほど野球センスはありません。

「あいつ本当に茂野の息子かよ」

「野球選手の息子なのに大したことないじゃん」

このようなことを言われて野球を辞めてしまう設定から始まります。

「MAJOR」では吾郎が才能ある選手である設定に対して真逆です。

そして2世である自分の存在に苦しんでいるってすごいリアル。



もう一つの違いはピッチャー目線で描かれていない

野球マンガってピッチャーが主人公であることが多いからピッチャーの視点で描かれていることが多いです。

「MAJOR」も主人公がピッチャーであるためピッチャーの視点から描かれています。

でも「MAJOR2nd 」の主人公・大吾はピッチャーではありません。

ライトをやったりキャッチャーをやったりいろんなポジションを守ります。

だからいろんなポジションから野球を捉えています。

ここが面白いところです。

例えば大吾がライトを守るシーンでは自分の肩が弱いという問題にぶち当たります。

でも「ノーバウンドで送球する目的ではない。ランナーをアウトにすることが目的なんだ。だからスリーバンでもいいから速いボールを投げてアウトにすればいいんだ」ってアドバイスを受けたりする。

そして肩が弱くて自信がなかった自分に少しだけ自信を持てるようになる。

今のところはこんな風にどこにでもいる少年が成長していく物語です。 

主人公が超天才ってわけではないので感情移入しやすいですよ。