刺激が欲しいなら「いつもと同じ」から卒業しよう

空白ページ

みなさん突然ですが、毎日充実していますか?

そういう自分はどうなんだよって言われると充実感はないです。

ということで充実感が得られるときってどんなときか考えてみました。


まずは充実感を感じられない理由から


・刺激がないから

真剣に考えてみたところ、この1点に絞られました。

例えば、

平日は朝いつもと同じ時間に起きて、いつもと同じ朝ごはんを食べて、いつもとオフィスでいつもと同じ仕事をして、帰宅して、、。

こんな風にぼくらの周りには「いつもと同じ」があまりにあふれています。

「いつもと同じ」ということはある意味想定内の事態ということで、刺激のカケラもないんですよね。

この「いつもと同じ」という状態が充実感を奪っているんです。

「いつもと同じ」って安心するし楽だけど、本当は怖いものだと感じました。

だってその安心が自分の幸せを奪っているかもしれないんです。


「いつもと同じ」から脱出するには


一番早いのは新しいことを始めること。

何かを習い始めるでもいいし、朝ごはんは目玉焼きから卒業して毎日違う料理にするという小さな脱出でもいいでしょう。

中には朝ごはんを変えるだけでは充実感なんてないよって人も、新しいことって何すればいいかわからないって人も当然います。

そんな人に一番効果的なのは昔やっていた趣味をやってみることです。

学生時代はやっていたけど、社会に出てから時間がなくて最近やっていないってことありませんか?

これやるだけでも結構違います。

昔ハマっていたことだから久々にやると超楽しいんですよね。

ちなみにぼくの場合はギターです。

社会人になってからもたしなむ程度に弾いていたのですが、終電を逃すくらい働いていた時期があって、体調を崩してしまいました。

それからギターを弾かなくなってしまいました。

IMG_0337

体調が悪くて弾く気になれなかったのもありますが、「次のこと考えなきゃ」って思うようになり、ギターに触らなくなりました。

YouTubeで音楽を聞き流していたら、バンドを組んでいたときにコピーした曲が流れてきてギターを触りたくなりました。

久しぶりに弾いてみたらすごい楽しくて、「こんなに楽しいって思えたの久しぶりだな」って感じちゃいました。

なので、ハマっていたものをやるってオススメです。

楽器はある程度弾けるようになればストレス発散になるので、新しいことを始めたいって人には楽器がオススメです。