借金100万円から這い上がった人から学ぶ「素直さ」と「行動力」の大切さ

f:id:skrd0809:20170327180940j:plain

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイ(@showdy5)です。

 

「心に火を灯すインタビュー」の第3弾は破天荒ブロガーのカルロスさんに協力させていただきました。

 

カルロスさんは25歳の時にアイフルアコム、レイクで借金を100万円を作った過去があります。

 

食事を白米だけで済ませていたこともあったとのこと。

 

現在は中国で野宿をしたり、DIYの講師をしたり、ミュージシャンスタッフをしたりなど、アクティブに活動している。

「そんな絶望的な過去からどうやって立ち直ったのか?」ということにスポットを当ててインタビューしました。

 

本題に入る前にカルロスさんの紹介

f:id:skrd0809:20170327181433j:plain

現在はブロガーとしての活動にとどまらず、ミュージシャンスタッフ、引越しサービス、DIYの講師、外部ライター、フリー素材のモデルなどなど。

 

ここでは紹介できないくらい肩書きがたくさんある方です。

 

詳しい経歴はこちら↓

カルロスこと小林勝宗とは | カルロス天才.com

 

ぼくの印象としては「型にはまらず、自分のやりたいことを徹底的にやる」というスタイルを貫いている印象です。

 

それではインタビューに入ります。

 

過ぎたことは気にせず前だけ向いていた

カルロスさんは野村証券を辞めた直後、ネットワークビジネスの洗脳で貯金が底をついてしまった。

 

そんな中、カルロスさんの前に悪徳アフィリエイターが現れる。

 

儲かるから代わりにお金を借りるように指示されてアイフルアコム、レイクで限度額いっぱいにお金を借りるよう指示される。

 

まずは借金をするときの気持ちを聞いてみた。

 

単刀直入に聞きますが、借金をするときはどんな気持ちですか? 

別にねえ。特に恐怖心とかはなく。

???(いきなり予想外の内容で動揺してしまう。)

ネットワークビジネスで洗脳されて貯金が既に底をついている状態だったから、「もうやるしかない」って気持ちしかなかった。

借金の返済は大変でしたか?

う〜ん、、。大変だったのかなあ。うん、大変だったかね。

派遣切りとかにもあったんですよね?

派遣切りもあったけど、まあいいんだけど。大変?う〜ん、わからん。

今は総じてあったことだし。

 

過去を引きづらない

ここまでで感じたことは、自分の苦い過去に対して切り替えができていると感じた。

 

人に騙されたり、借金させられたりという壮絶な過去があるのにも関わらず、まるで他人事のように話している。

 

現にカルロスさんは精力的にDIYの講師の活動もしているし、今年も海外に行く予定があるとのこと。

 

暗い過去があったとは思えないくらい、アクティブだ。

 

そんなことができるのは過去の失敗に囚われずに、未来を見ているからだと思う。

 

挑戦をするときに前の失敗が頭をよぎり、なかなか踏み出せない人が多い。

 

挑戦するときは後ろを振り返る必要はないとカルロスさんを見て感じた。

 

自分の価値観と真逆の人と出会い「幸せに収入は関係ない」ことを知る

収入に関係なく幸せに暮らしている人と出会ったことがきっかけで変わったと聞いています。その辺りのことを聞きたいです!

借金返すために働くことに飽きていて、ある程度返済目処が立っていたときに友人に坂爪圭吾さんを紹介してもらった。

俺なんかは高学歴で、ラグビー日本一で、エリートって感じできたから「収入=幸せ」だと信じてきた人間だからさ。

転職すれば、生涯年収下がって「俺幸せになれない」って考えていた。でも圭吾さんは違くて。

どう違ったんですか?

圭吾さんはお金がなくても豊かに暮らしているのを見て、これなら「お金を稼ぐ」ということに失敗した俺でもできるかもしれないって思ってブログを始めた。

同じ時期に高坂さんとも会った。経営しているオーガニックバーは売上が上がると店の営業日を減らす人でさ。

売上が上がっているのに営業日を減らすってなんか変ですね。

高坂さんは年収300万円あれば自分は豊かに暮らせるっていう足るを知っている人。

だからそれ以上はいらないから300万超えそうになったら営業日を減らしていって、今は週4しかやっていない。 

いいですね。日本の飲食店って毎日営業していることが当たり前ですもんね。

高坂さんから農業についても学んだ。自分で食べるものは自分で作れるだってことを知った。

なんか全く違う人生みたいですね。

そうだね。一番大きかったのは「収入=幸せ」という価値観と真逆の人と会ったことで自分の考えの幅を広げることができたことかな。

 

変わりたいなら「素直さ」と「行動力」が必要

f:id:skrd0809:20170327191342j:plain

今回のカルロスさんのインタビューを通して感じたことは、自分を変えるためには「素直さ」と「行動」が必要だと強く感じました。

 

今までの価値観と違う人に会って、その考えを受け入れられることは簡単にできることではありません。

 

でも素直さだけでは変えることはできない。

 

 今まで価値観が違う人に会うには自分から行動しなければ当然会うことができません。

 

「素直さ」と「行動力」の両方がないと変えることができないことです。

 

「素直さ」を持って「行動力」した分だけ視野が広がるし、どんどん進化することができる。

 

カルロスさんがポジティブに活動している理由はその「自分が進化する」楽しさを知っているからだと感じた。

 

だから、型にはまらず、DIY講師をやったり、引越しサービスをやったり、ヒッチハイクをやったり、海外を放浪したりして自分を進化させ続けているのだ。

 

殻を破って変わりたければ「素直さ」と「行動力」を持つべきだと感じました。

 

ぼくも「素直さ」と「行動力」で人生を変えたい!と思えるインタビューでした。

 

カルロスさん!インタビューのご協力ありがとうございました。