学歴は関係ないって嘘ではないみたい


「今の時代は学歴なんて関係ない!」 って学校の先生は言っていたけど、いざ就活してみると大卒以上の求人が軽く半分以上占めている。

大学を出ていないぼくからすると学歴関係あるじゃんってツッコミたくなる。

そんな疑問を元研修会社に勤めていた友人にぶつけてみた。


学歴が高い人ほど固い

その友人の研修会社は合宿式の研修をやっていました。

内容を簡単にいうと課題に合格するするまで帰れません!っていう研修です。

あ〜厳しい。

この合宿式の研修で一番早く合格できるのはなんと高卒の新人さんでした!

その次が大卒の新人さん。

一番遅いのが大学院卒の新人さん。

学歴が高い人ほど合格するのが遅い傾向だったようです。

高卒だから能力が低いというのはイコールではないのです。

大学以降になってしまうと現実を見せられるので固定概念が身についてしまいます。

それに比べて高卒は柔軟性が高い!

だから大学を出ていないっていうのは恥でもなんでもないんです。

むしろプラスに働きます。




でも求人はどうして大卒が多いの?

例えばトヨタのレクサスの営業の場合。

レクサスといえば日本で一番の高級車。車種によっては1,000万円を超えます。 


そんな高級車を買うお客さんってどんな人だろう?

車にお金をかけられるほど生活に余裕がある人。

つまりはお金持ち!

そんなお金持ちと対等にお話ができる人でないと営業は務まりません。

雇う側は知的な会話ができる人が欲しい。 

そうなると大卒の方が強いです。

レクサスの営業となるとただ大学を出ているだけでなく、大学のランクにもこだわって採用していてもおかしくないです。

こんな感じで求められるスキルによっては大卒の方が有利だったりします。 

あと言えるのは求人を大卒以上にしちゃえば人事としては楽です。

そうすれば書類選考とか面接の手間を省くことができます。


まとめ

就活ではたしかに大卒の方が選択肢があって有利。

でも高卒=能力がないは間違え!

むしろ柔軟性は高卒が最強!