転職に不安な人が考えるべき3つのこと

f:id:skrd0809:20170717180131j:plain

今の会社や辞めたいけど転職に関して不安だからなかなか行動に起こせない。

 

今の会社に居ても何も変わらないのはわかっているけど、転職で失敗してして今より悪条件な場所で働くことになったらどうしよう。

 

転職を考えるとき様々な不安がありますよね。

 

「私は何も行動を起こせない臆病者だ」と自分を卑下する必要はありません。

 

自分の生活に関わることだから慎重になるのは当然です。

 

転職が初めてする人が不安に感じてしまいがちな、書類選考、面接、年収などの条件面の交渉の3つの不安材料の対策を話します。

 

書類選考で大事なことはこの人会いたいと思わせること

書類選考とは面接でこの人と合うかどうか判断する材料です。

 

つまり、この人と会って話したいと思わせる内容でなければ面接することはできません。

 

この人に会いたいと思わせるには採用する企業側がどんな人材を欲しているか考える必要があります。

 

即戦力を求めている会社は前職で培った経験とスキルで貢献できることをアピールする必要があります。

 

未経験で挑戦するのであれば、受け身ではなく積極性があることをアピールしなけれななりません。

 

こうやって聞くと当たり前のことに聞こえるかもしれないけど、意外とできていない。

 

特に未経験で挑戦する人なんかは、積極性をアピールしていかなきゃいけないのに当たり障りのないことを書いてしまいがちです。

 

このように即戦力か未経験を求めているニーズから考えることを大事ですが、企業の募集要項や公式サイトでどんな人材を必要としているかを考えることも大事です。

 

面接の不安を解消するならプレゼンできるくらい企業を研究する

新卒でやった就活の時も質問されるであろうことの対してある程度答えを準備していたし、面接練習もしていたでしょう。

 

では新卒の時と同じように対策すればいいのかというとそうではありません。

 

やることは質問の予測と面接練習であることは確かですが、求められていることが全然違います。

 

新卒の面接では、真面目に取り組んでくれるかということを見ています。というか、職務経験がないのでそこでしか判断ができない。

 

それに対して、転職活動の面接では「どれだけうちの会社に貢献できるか」について聞かれます。

 

 

だから、受ける企業のプレゼンできるくらい企業の研究をする必要があります。

 

問題点を上げて改善内容をプレゼンすれば、貢献意欲にも繋がるし、未経験で転職するのであれば積極性にも繋がるでしょう。

 

プレゼンをしないしにしても、自分はどうやったらその企業に貢献できるかを考えることによって自分をどうアピールすべきかが見えてきます。

 

前より高い年収で働けるか不安

転職を考える理由は人それぞれですが、どうせなら前よりも高い給料で働きたい。

 

そう考えている人は多いし、それが不安で転職に踏み切れない人は多いです。

 

書類選考も面接も相手がどんなことを求めているかを考えるべきだと言ってきましたが、給料の交渉も同じ。

 

相手のことを考えて話せばいい。

 

だから「いくらくらいもらえますかね?」という聞き方をしたら一発アウトです。

 

自分が面接官なら嫌ですよね。

 

 

一番いい方法は自分の年収を伝えた上で「御社の基準で判断していただければと思います」というのが自然です。

 

転職初心者は転職エージェントを使うべき

ここまで読んで転職活動って大変だということがわかったと思います。

 

そんな初めての人は転職エージェントをおすすめします。

 

転職エージェントについて簡単に説明すると、カウンセリングや書類添削、面接対策、年収などの条件交渉までやってくれるサービスのこと。

 

転職全般のアドバイスをもらえるのに加えて、面接の日程調整と入社日の交渉などスケジュール管理もやってくれます。

 

アドバイスや日程調整をしてもらいながら転職活動ができるので、初心者の人にはおすすめ。

 

これから転職初心者にオススメできるエージェントを3つ紹介しますよ。

 

独自サービスが充実しているリクルートエージェント

非公開求人10万件以上あるし、各地方都市に拠点があるので使いやすい。

 

オススメする理由はもちろんそれだけではありませんよ。

 

リクルートエージェントが独自で提供している面接力向上セミナーでは面接官の立場でシミュレーション体験ができるので、面接官の立場でポイントを整理できる。

 

この面接力向上セミナーの満足度は99%だそうです。

 

転職でつまずきやすい面接のセミナーが充実しているので転職で不安な初心者にはオススメです。

リクルートエージェントはこちら

 

業界ごとの専任制が特徴のマイナビエージェント

求人数や拠点の数はリクルートエージェントに劣ってしまいますが、全国の求人を網羅しているのでセットで登録しておくといいでしょう。

 

理由としては、リクルートエージェントが保有していない求人をマイナビエージェントトが保有している可能性が十分あります。

 

また、マイナビエージェントでは業界ごとの専任アドバイザーがいるので、リクルートエージェントでは聞けない業界情報が聞ける可能性があるのでマイナビエージェントも登録しておきましょう。

マイナビエージェント

 

第二新卒ナビ〜内定率83%で定着率も92%〜 

オススメする理由は言うまでもなく、見出しにある通り高い内定率と定着率を叩き出しているからです。

 

第二新卒ナビは取材したことがあるので、詳しく知りたい人は下のリンクをクリックしてください。

 

 

最大の特徴はカウンセラーが元第二新卒と既卒で構成されていることと、一人平均20時間のカウンセリングだ。

 

同じ悩みを経験したカウンセラーと長く相談できるので、利用者に本当にマッチした求人を紹介できる。

 

これが内定率83%、定着率92%の秘密です。

第二新卒ナビはこちら

 

転職が不安なら今すぐ相談しよう

もしかしたら、中半端な気持ちで登録していいものかと悩んでいるかもしれません。

 

でも、今紹介した3つのエージェントは「そもそも転職すべきな悩んでいる」という相談から受け付けています。

 

悩んでいても何も始まりません。

 

不満を抱えながら働き続けるくらいなら、今すぐ行動しましょう。

 

リクルートエージェントはこちら

 

マイナビエージェントはこちら

 

第二新卒ナビはこちら

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

 22歳のぼくの適正年収は600万円だった

第二新卒は厳しいの?転職エージェントの取材経験をもとに対策を考えてみた

転職の面接で対策で大切な3つの分析