転職の面接で対策で大切な3つの分析

f:id:skrd0809:20170709165350j:plain

おそらく、このページを開いた人は面接が上手く上手くいってない人、初めての転職で面接が不安な人だと思う。

 

ぼく自身、転職エージェントを取材させていただいたり、転職エージェントの方とお話する機会が最近ありました。

 

そんな取材やお話した経験をもとに面接で重要なこと、対策すべきとこをお話しします。

 

転職の面接でよく聞かれる質問をベースにやるべきことを考えていく

調べたところによると、この4つが面接における鉄板の質問だ。

 

<よくある質問>

・長所と短所を聞かれる
・採用するメリット
・企業と業種の志望動機

・前職の退職理由

 

もちろん、この他に聞かれることはありますが、この4つの質問はマストで聞いてくるので対策しておく必要があります。

 

いきなり10個も20個も対策するのではなく、まずはよく聞かれる質問から考えることが大切。

 

でも、何も考えず答えを作ろうとするのは無意味。

 

なぜなら質問には面接官の狙いが存在するから、その面接官の意図に沿って答えていく必要がある。

 

そして、よく聞かれる質問はどの企業にも共通する狙いがあると言える。

 

このよく聞かれる質問の意図を考えることから始めないと軸がブレる。

 

さっきの4つの質問だったらこんな意図があると予測できます。

 

・長所と短所を聞く→どんな適性があるのかを探っている

 

・採用するメリット→実務面の強みを知ろうとしている

 

・企業と業種の志望動機→自社や業界、職種に対する理解があるかを知ろうとしている(憧れだけで受けてないか確認するため)

 

・前職の退職理由→ストレス耐性、キャリアプランのチェック 

 

このように質問には何かしらの意図があって質問しています。

 

その意図を理解した上で答えを考えないと見当違いな回答をしてしまいかねません。

 

見当違いな回答をしてしまうと当然のごとく落とされてしまいます。

 

だから面接官の意図を知るということはそれくらい大事なことなんですよね。

 

面接を望む上でやるべき3つのこと

f:id:skrd0809:20170709165537j:plain

 

結論から言うと下の3つが重要になってきます。

 

①自己分析

 

②業界分析

 

③企業分析

 

さっきのよくされる4つの質問からこの3つの分析が必要だとわかる。

 

<面接の定番の4つの質問のおさらい>

 

・長所と短所を聞く→どんな適性があるのかを探っている

 

・採用するメリット→実務面の強みを知ろうとしている

 

・企業と業種の志望動機→自社や業界、職種に対する理解があるかを知ろうとしている(憧れだけで受けてないか確認するため)

 

・前職の退職理由→ストレス耐性、キャリアプランのチェック

 

この4つの質問の意図から考えることとやるべきことが見えてくる⬇︎

・どんな適性があるか探っている→自己分析が必要

 

・実務の強みを知ろうとしている→自己分析が必要

 

・自社や業界職種に理解があるか探ろうとしている→企業、業界分析が必要

 

・ストレス耐性、キャリアプランチェック→自己分析

 

適性や強みは自己分析しないと絶対にわからないし、業界や企業の志望動機は業界や企業を理解していないと考えることができない。

 

キャリアプランも自分がどうなりたいかなので自己分析が必要ですね。

 

だから面接は自己分析、業界分析、企業分析が鍵を握っているんです。

 

一人で自己分析、業界分析、企業分析をやるのは大変

ここまで読んでわかるとおり、面接対策をするってものすごい大変です。

 

特に自己分析は客観的に分析する必要がありますが、自分を客観視するって難しい。

 

業界分析、企業分析もどんな切り口で分析すべきか難しいですよね。 

 

自己分析、業界分析、企業分析ができたからといって、面接がうまくできるというものではありません。

 

どんなに良いことを言っていても声が小さいとか身だしなみがイマイチなら面接は通過できません。

 

でも、そんなに悲観的になる必要はありません。

 

各分析から面接の練習までできるサービスがあるので紹介します。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは書類添削や面接対策、入社日の調整などをサポートしてくれるサービスです。

 

もちろん、無料で利用できるよ。

 

なぜ、リクナビエージェントをオススメするかというと面接セミナーが充実しているからです。

 

リクルートエージェントの面接力向上セミナーというものがあります。

 

その面接力向上セミナーでは面接官の立場をシミュレーション体験し、どのようなポイントをチェックしているかを疑似体験することができるセミナー。

 

面接官の立場を経験できるので採用する側の視点を身につけることができます。

この面接力向上セミナーもリクルートエージェントの会員であれば誰でも受けることができる。

 

そんな面接力向上セミナーに参加した99%の人が「満足した・大変満足した」と回答している。

 

もし、面接で悩んでいるのであれば強く面接力向上セミナーをオススメする。

リクルートエージェントはこちら

 

自己・業界・企業の分析も充実している

さっき言った企業・業界分析に関してはAgent Reportと呼ばれるリクルートキャリアの独自レポートがあります。

 

そんなAgent Reportでは企業情報はもちろんのこと、業界分析や選考におけるポイントから社風まで書かれています。

 

このAgent Reportがあれば、業界・企業分析が効率よくできます。

 

優れているのは業界・企業分析だけではありません。

 

経験があるキャリアアドバイザーがあなたの強みを見つけてくれます。

 

面談をすると客観的な視点でアドバイスが受けることができるのは心強いですね。

リクルートエージェントはこちら

 

よくある質問

Q登録したら絶対に転職しないとダメですか?

A転職するかしないかは自由ですのでお客様に任せてます。面談の末、「現時点で転職は勧めません」とアドバイスさせていただく場合がございますので、じっくりとご検討した後、しばらく経ってからご利用いただくことも可能です。

 

Q平日は忙しく面談の時間が取れないのですが

A土日、平日の夜などお客様のご都合がつくときに面談調整させていただいております。曜日時間問わず、ご希望の日をお申し付けください。 

 

Q自分に自信がないのですが申し込んでもよいのでしょうか?

A自分では大したことがないと思っていた資格、経験が他の企業・業界では高く評価されることがあります。私たちはお客様自身が気づいていない価値を見つけ出すことが仕事です。現在の転職市場価値をお伝えしながらそこで活かせる強みをお伝えします。

 

リクルートエージェントはこちら

 

解決策がわかったならあとは行動するのみ

あなたは今、面接の対策で必要なこと、そしてそんな悩みを解決できるサービスを知りました。

 

さっき紹介した面接力向上セミナーに参加したり、模擬面接をしたりして実践に備えるだけです。

 

やるべきことがわかれば、あとは練習あるのみです。

 

逆にここまでの解決策をあげて行動しないのであれば、どうしようもありません。

 

当たり前ですよね。解決策を知っても実行しなければ変わることができるわけないですよね。

 

この場で何もしなければ、このまま面接で落ち続けるままだし、不満を持ちながら今の職場で働き続けることになるでしょう、、

 

それが嫌なら今すぐアクションを起こすべきです。

リクルートエージェントはこちら

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

 22歳のぼくの適正年収は600万円だった

学歴関係なく利用できる転職サービス10選