本当に強い人は人に弱さを見せられる人

f:id:skrd0809:20170619114446j:plain

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

強い人になりたいって思ったことはありませんか?

ぼくは何万回も思ったことがあります。

 

でも、強い人って何だろう?

 

はっきりと発言できる人?

 

正義感が強い人?

ぼくはそんなことじゃないと思います。

 

まあ、強い人の定義って人それぞれなんだけど、確かに言えることは本当に強い人は「弱さを人に見せられる人」だ。

 

弱い人間ほど自分を演じている

ぼく自身もめちゃくちゃ弱くて脆くて繊細で、、。

 

いわゆる超内向的な人間です。

 

そんな弱いに人間だから自分を演じしまう気持ちがよくわかる。

ぼくは人に弱さを見せることが苦手だ。

 

そこには弱いと思われたくないみたいな気持ちもあるけど、一番は自分の弱さを晒すことの恐怖心が強い。

 

だから知らず知らずのうちに自分を演じてしまっている。

 

例えば、ぼくは中学校の頃ずっとぼくは学校に馴染めなかった。

 

高校に入学した頃、自分の中で学校に馴染んでいないやつみたいなレッテルを貼られたくなかった。

だから精一杯自分を演じていた。

 

なるべく明るく接していたし、ちょっと強気な発言してみたり、自分の興味のない話にも合わせていたけど、そんな金メッキはすぐに剥がれる。

 

そうやって演じることにも疲れてしまい、友人との話に合わせることができなくなった。

そして、高校時代も学校生活に馴染めずに卒業することになる。

 

思い出がなさすぎて文集を捨てたほどだ。

 

こんなふうに弱い人間ほど嫌われることや周りの目を気にして自分を演じる。

 

 だから自分が「弱い」ってことを発信することにした

あれから4年が経って22歳になったぼくは強い人間になれたかというと、まだ「yes」と言えない自分がいます。

 

ぼくが憧れているはっきり発言ができるとか、メンタルが強いって人間にはなれていない。

 

それにまだどこかで「演じてしまっている自分」がいる。

 

今はシェアハウスに暮らしていて、たくさんの人に会っていろんなバックグラウンドに触れてきたけど、ぼくが「この人いいな」って思える人は弱い部分を晒している。

 

だからぼくも自分の弱い部分をブログを通して晒すことにした。

 

少しずつ弱さを晒すことで楽になり始めている。

 

自分が弱いってことを許す

まだ、フルマックスで弱い自分は出せていないけど少しずつ弱い部分を出している。

 

ぼくのように弱い自分を隠すために演じてしまっている人に「こうすれば克服できる」ってアドバイスは残念ながらできない。

ぼくもまだ取り組んでいる途中だからね。

 

でも、確かに言えることは「自分が弱い」ってことを許してあげることから始めるといい。

 

「なんで私はこんな弱いんだ。。」

って責めても何も始まらない。

 

だからそんな弱い自分を認めて向き合うことからはじめて欲しい。

 

何かすごい発言をしたり、すごい才能を持っていたりするだけが強さじゃない。

 

もうそうやって責めることは今日でやめよう。

自分を認めてあげられたら前に進める。

 

少しずつでいいから弱さを見せよう。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

修学旅行に行きたくないなら無理に行かせる必要はない 

「そんなので食っていけるの?」って言葉に負けちゃいけない